仮審査に通っても、本審査で落ちることもある

カードローンの審査 > 審査について > 仮審査に通っても、本審査で落ちることもある

仮審査に通っても、本審査で落ちることもある

インターネットから簡単に申し込みができるカードローン。その手軽さが相まって、実際に利用をしている人も多いです。

ネットから申し込みをすると誰にもバレずにお金を借りることが出来るのですごく便利なのですが、仮審査は通ったのに本審査で落とされたということもあります。

「仮審査には通ったのに、何で本審査では落とされるの?」
「仮審査に通ったから、てっきりカードローンを利用出来ると思ったのに」

と思うかもしれませんが、仮審査というのは名前の通り仮の審査で大雑把なのです。ほとんどのところで機械化されており、スピーディーに融資可能かどうかを判断します。

ですから仮審査の時点で落とされてしまった人は、他のところを探した方が良いでしょう。では本審査とは、どういった審査になるのでしょうか?

本審査は時間がかかることも

仮審査は機械化されていてスピーディーに審査結果が分かるのですが、本審査の場合、申し込みをした人一人ずつ、人の手によって審査を行っていきます。

つまりカードローンで今すぐお金を借りたいという人の場合、本審査に時間がかかってしまって間に合わないということもあります。もし「今すぐ」「即日に」という時は、即日融資が出来るところを選ぶ必要があります。

仮審査は本人からの申告に基づいて審査を行いますが、本審査は本人から申告があった内容を元に、個人信用情報と照らし合わせて行っていきます。

ついカードローンの審査に通ろうとして、都合の良い情報を申告してしまいがちになりますが、それが返って時間がかかる原因に繋がります。そもそも本審査で個人信用情報と照らし合わせますので、初めから正直に申告をしておいた方が良いです。

審査がしっかりと行われるということは、それだけその会社が信用出来るということなのです。