カードローンとキャッシングは何がどう違うの?

カードローンの審査 > キャッシング > カードローンとキャッシングは何がどう違うの?

カードローンとキャッシングは何がどう違うの?

お金を借りる方法にカードローンとキャッシングがありますが、同じようなものだと思っていませんか?

「どちらもお金を借りる方法なんだから、違いなんて分からなくても別に良いでしょう」

と考える人もいらっしゃるかもしれませんが、違いを理解しておいた方が、自分がどんな方法でお金を借りているのか分かりますよね。

「何となく、こうなんじゃないか?」とあやふやになっている人もいると思います。もちろんどちらとも「お金を借りる」という意味では同じですが、違いもありますので理解をしておいたほうが良いでしょう。

違いを知ってから借りないと危険

さて、カードローンとキャッシングの違いですが、そこまではっきりとした明確な違いがあるわけではありません。ただ違いがあるとしたら、その返済方法ですね。

キャッシングの場合は一括返済、カードローンは分割払いが一般的です。もちろんキャッシングでも分割払いができたり、カードローンでも一括払いを選択することもできますので、その意味で曖昧さがあります。

まあ、選択できるものの基本はキャッシングなら一括返済、カードローンは分割払いと覚えておけば間違いないでしょう。ですから少額ならキャッシング。少し大きめの金額ならカードローンで借りるようにすると安心ですね。

ちなみにクレジットカード会社の場合、カードローンとキャッシングの定義をはっきりと分けているところもあります。キャッシングは翌月一括払い、カードローンでは分割・リボ払いとしているところもあるので、事前に確認しておきましょう。

翌月一括払いができそうもないのにクレジットカードのキャッシングを利用してしまうと、返済が滞ってしまう可能性が出てきます。後から返済方法を変更することも可能ですが、自分がどの方法でお金を借りて、どの方法で返済をしていくのかを知らないというのは、ちょっと危険なわけです。